So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

帰ってきました [留学記]

ビザ取得や学位審査などが無事に終了し、先週ニューヨークに戻ってきました。
ラボには今週から復帰して、実験を再開しました。とはいえ、どこまで進んでいたか思い出しながらなので、ほとんど進みませんでしたが。

ラボの仲間がランチ時間に、家族のウェルカムパーティーを開いてくれました。皆、温かく迎えてくれて、いいラボに配属されたことを感謝しています。

来週からは少し頑張っていきたいと思います。

nice!(2)  コメント(0) 

学位審査が終わった [留学記]

◇学位審査が終わった





昨日、学位審査が無事終わりました。妻の出産で帰日中に終わらせようと準備していたので、予定通り無事に終了しほっとしました。


私が在米中に学位審査の書類作成、提出等で尽力頂いた皆様、特にO君にはこの場で御礼申し上げます。


審査日程の調整では、日本に帰っているこの2ヶ月の期間で、審査委員の先生方の都合が合うのが数日しかありませんでした。留学後に取るのがいかに大変か分かりました。後輩の大学院生に伝えたいのは、できれば4年のうちに、望むらくは夏までに「学位取得見込み」が得られるように頑張ってほしいです。海外留学助成などは夏から秋にかけてが申請のピークなのですが、「学位取得見込み」がないと申請できない助成金がほとんどです。


審査委員の先生方からの質問集中攻撃に耐えるのはかなり疲れました。論文作成から半年近く経過しているので、当時の記憶も薄れています。


さて、我が大学院で博士号を取得するには査読付き英語論文にアクセプトされている必要がありました。留学している他大学の友人によると、論文にアクセプトされてからでないと学位がもらえないのはむしろ少数で、多くの大学では条件が緩いようです。論文不正などが明るみになっている中、複数回実験による再現性確認や別手法による現象の確認などが要請されるようになっています。必然的に論文発表までの時間が長くなりますので、我が大学院の規定のままでは、決められた期間で博士号を取得できる人が減っていくのではないかと危惧しています。特許関係で論文発表できない人はどうなるのでしょうか?人によっては否定的なreviewerにあたって、何度revise実験しても許してくれないという運が悪いことになることがあるようです。この場合も我が大学では学位を取得できません。


ほかの国はどうなのでしょうか?Weil Cornell Medical Collegeは1本の英語論文アクセプトが条件のようです。ただ、何年かかって仕上げてもよいようです。(当方では、4年で書けなかった場合、卒後2年以内にアクセプトされなくてはなりません。)韓国ではどうでしょうか。韓国人の同僚によると、彼の出身大学では英語論文2本が学位取得の条件だったそうです。だから多くの人は韓国の学会が発行する、査読が早く緩い雑誌に投稿するそうです。


とにもかくにも、子どもが生まれて、ビザ取得して、学位審査が終わって、車を売却して、といったタスクを何とか終了することができました。あとは引越すだけです。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

JAL特典航空券が留学に最適な理由のまとめ [飛行機]

◇JAL特典航空券が留学に最適な理由のまとめ





留学のような長期の海外渡航の時は、マイルを使った特典航空券が非常に利便性が高いことをこちらに書きました。


その中でもJALの優位性について、その理由を説明します。(アメリカ留学の場合です。)


①必要マイル数が少ない。


②片道で利用可能。


③変更・キャンセルが可能でかつ手数料が安い。


④マイルが貯めやすい。


⑤受託手荷物数の大きさ


①必要マイル数が低い

 JAL, ANAは北米まで片道25,000マイルです。(ANAは搭乗時期により多少増減あり。)アメリカン航空、ユナイテッド航空は35,000マイル、デルタ航空は35,000~75,000マイル必要です。日系は圧倒的にマイル数が少なく行けます。


②片道で利用可能。

 留学出発時に、いつ帰るか決まっている人は少ないです。往復で予約しておいて、帰り便を変更してもいいのでしょうが、帰り便は行きから約一年以内でなくてはならないので、長期滞在には向きません。ANAは片道で予約することはできないので、片道で利用可能なJALのほうが有利です。


③変更・キャンセルが可能で手数料が安い。

 JAL, ANAとも変更無料、キャンセルはJALが3100マイルまたは3100円、ANAは3000マイルです。1マイルの価値はどう安くても1.5円以上なので、現金で支払えるJALのほうが有利です。


④マイルが貯めやすい。

 これはJAL, ANAとも国内で提携している会社が多く、実際に搭乗しなくてもマイルをためることができます。この点ではJALとANAで引き分けだと思います。日系航空会社のマイレージプログラムの欠点はマイルの有効期限が3年間ということです。一方、米系航空会社はそもそも有効期限がなかったり(デルタ)、有効期限があってもマイルの増減があれば有効期限が延びる(アメリカン、ユナイテッド)ので、じっくり貯めるには米系が有利です。


⑤受託手荷物の大きさ

 JAL, ANAともエコノミークラス搭乗の場合、23kgの荷物を2個までですが、預けられる荷物の大きさが異なります。JALは3辺合計203cm以下、ANAは158㎝以下と大きく異なります。留学ともなると、食品や寝具などで大きな荷物を持ち運ぶ必要がある可能性が高いです。JALはかなり大きな段ボールでも運んでくれます。この点は圧倒的にJALが優位です。


留学に行かれる方は是非、JALマイレージバンクに入会してマイルをため始めましょう。

JAL 日本航空

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

娘(新生児)のビザが19日で取れました [ビザ申請]

◇娘(新生児)のビザが19日で取れました




8/6に娘が誕生したのですが、一緒にアメリカに連れて行くためには当然ながらビザが必要になります。

息子のpreschoolが9/11から始まりますし、私自身も7/7からラボを留守にしているので、あまり長い間不在にはできません。実は9月上旬のニューヨーク行き航空券をJALのマイルであらかじめ予約しておきました。(留学用の航空券にマイルが最強である理由はこちら。)出発まで、約1ヶ月でビザを取得する必要があります。

娘のJ2ビザは、以下のスケジュールでビザ取得が可能でした。

①8/7 出生届を出して戸籍を入れる。
②8/7 パスポート用の写真を撮る。
③8/8 戸籍謄本を入手する。
④8/8 パスポートを申請する。
⑤8/15 パスポートを受け取る。
⑥8/15 データを送りDS2019を作ってもらう。
⑦8/18 ビザ用の写真を撮る。
⑧8/19 DS2019を受け取る。
⑨8/19 ビザを申請する。
⑩8/22 ビザ面接。
⑪8/25 ビザを受け取る。

各ステップを最短にしないと8/6出生から19日でビザ取得は実現しません。準備が大切になります。それぞれ、どうしたか書いておこうと思います。

①出生届を出して戸籍を入れる。
もともと本籍地が居住地と異なりました。このままでは出生届が居住地と本籍地の間を行き来するため、戸籍が入るのに1,2週間かかります。本籍地と住民票登録地が同じであればこの期間を短縮できます。まず、娘が生まれる前に本籍地を移しました。
娘が生まれたのが朝だったので、同日、出生届を出しました。事情を説明して至急で入れてもらいます。

②戸籍謄本を入手する。
翌日(8/7)午後、戸籍に登録され、戸籍謄本を入手しました。

③パスポート用の写真を撮る。
まだ入院中なので、自分で撮影しなくてはなりません。パスポート用の写真は目を開けて正面を見る、影がない、その他、要件が厳しいです。色々、撮影方法を試しましたが、窓際で、頭部を窓に向けて撮るとうまくいきました。
プリントは「ピクチャン」というサイトを使いました。オンラインでデータを送り、指定の大きさの写真をコンビニプリントできます。
新生児の場合、顔が円形のため、指定の大きさに収まらないことがあります。この場合、左右のマージン2mmとることが第一優先にしてください。顔の縦の長さが規格に合わなくても問題ありません。

④パスポートを申請する。

⑤パスポートを受け取る。
5営業日かかります。ここは短縮しようがありません。

⑥DS2019を作ってもらう。
出来上がったパスポートを写メして、留学先の担当者にメールします。彼女は仕事が早いので、その日のうちにFedexで発送してくれました。

⑦ビザ用の写真をとってもらう。
パスポート用の写真とは規格が違います。元データを加工しても良いのですが、今回のデータは適さなかったので、再度撮り直しました。退院後だったので写真屋さんで簡単に撮影できました。

⑧DS2019を受け取る。

⑨ビザの申請をする。
手に入れたパスポートとDS2019でビザを申請しました。子供だけの場合は郵送申請できますが、郵送キットを取り寄せて、送り返して、そこから返送されるまで約2週間かかるので、面接予約が早く取れる場合は、直接面接に行く方が早いと考え、面接にしました。


⑩ビザ面接

妻にいってもらいました。面接はガラガラで、ものの5分で終わったそうです。

 

⑪ビザを受け取る

たった3日で返ってきました。

 

8/7に行動を開始して8/25にビザが取れました。所要日数19日。かなりスムーズだったと思います。

また、ビザが取れて正直ホッとしました。渡米の航空券は特典航空券3人分を何ヶ月も前に予約していました。これに間に合わないとなると、大幅な予定変更が必要でした。

短縮できるポイントを押さえ、準備しておくことが大切だと思います。

↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

自家用車売却 [留学記]

◇自家用車売却





 


今、再渡米準備をしています。


今度は家族皆で渡米するので、自家用車の売却契約をしました。車を売却するのは初めてでしたが、その体験を書いておこうと思います。


車のスペック:

 車種: ランドクルーザープラド TZ-G 2010年式

 色: グレー

 走行距離: 95000km

 事故歴等: なし。 凹みなし。


①署名証明の取得

車の名義は私ですが、私は住民票を抜いているため、車の名義変更に必要な印鑑証明書が取れません。

この場合は大使館で「署名証明」を取得しなければなりません。この際、実際の契約書等に署名して、これに証明書をつけてもらう(様式1)か、署名を単独で証明するか(様式2)なのですが、様式選択のところで私はミスをしてしまいました。車の売却には「委任状」及び「譲渡証明書」に様式1の署名証明を受けなくてなならないのですが、様式2を取得して帰国していたのです。

今回は陸運局に掛け合って、公証人役場での署名証明で代用出来るようにお願いして事なきを得ましたが、最悪売却出来なくなるところでした。


②査定依頼と買取相場チェック

売るからにはなるべく高値で売りたいところです。この場合は数社に見積を依頼することにより、買い取り価格を競わせることができます。

一括見積依頼で2社(ビッグモーター、カーチス)、JALのサイトから1社(JCM)の3社に見積を依頼しました。

交渉の前に、自分の車の市場価格を調べることにしました。実現不可能な買い取り希望価格を提案しても、足元を見られるだけだと思ったからです。買い取られた中古車の大部分は車関係者しか参加できない「中古車オークション」を通して、販売店または輸出業者に買い取られていきます。ですので、一般的にオークション価格以上では絶対に買い取ってもらえません。オークション価格は一般公開されていないのですが、私は市場価格を二つの方法で調べました。

一つ目はGOO買取の買取相場チェックです。192万から234万円とでました。

二つ目はトヨタ系のT-UPです。T-UPは電話で大体の買い取り価格を教えてくれます。220万円とのことでした。


③車の査定から売却まで

はじめに査定にきたのはビッグモーターでした。ここは本当に苛々させる会社です[パンチ]見積り額を出せといっても、「ウチで売却すると約束してくれないと見積りが出せません」という対応。そこで、嘘をついてふっかけてみました。T-UPは250万円と言っている、200万円台後半を提示してくれるなら売りますと言いました。そうすると、250万円-270万円ですかねぇとのお言葉。しかし、正式見積額ではないとのこと。何なんでしょうか、この会社。後で見積りを減額されたとの口コミ投稿もチラホラ見られる会社なので、即決は避けます。

次に査定にきたのはカーチス。査定額190万。200万円は無理ですと。安い!却下です。

最後に査定にきたのがJCMでした。店長言いなりの若いお兄さんではなく、中古車査定士の資格をもった礼儀正しい方が来られました。好印象!JCMは海外赴任を応援する会社で、

 1. 出発当日の空港引き取り可能

 2. 見積減額はしない

 3. 自動車税払い戻し(他社はなし)

 4. 8000マイル付与

というメリットがあるとのこと。[わーい(嬉しい顔)]!署名証明がこのままではダメなことを教えてくれたのもJCMさんでした。

JCM の見積りは当日は出ないとのことで、連絡を待ちます。後日JCMから連絡が。220万円+自動車税払い戻し3万円+8000マイル。

JCMのサービスは魅力的でしたが、250万円を提示したビッグモーターが最高値だったので、正式に買取依頼をしました。すると、なんと240万円に減額[どんっ(衝撃)]この価格で決めてくれないとこの価格も保障できませんと。この前の約束は何だったのでしょうか?理由は日々、相場が変動するからと。本当にあり得ない会社です。240万円の有効期限はその日中ということを確認し、JCMさんと価格交渉します。何と230万円でOKが出ました。


 ビッグモーター: 240万円、8/31渡し、印象[ちっ(怒った顔)]

 JCM: 230万円+税戻し+マイル、9月上旬空港渡し、印象[わーい(嬉しい顔)]


2社を比較して、JCMさんと譲渡契約を締結しました。 

結局、買取相場上限付近で買い取って貰えることになり、満足です。

中古車買取ならJCMをおすすめします。

↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(0)  コメント(0) 

クレジットカード付帯保険は現地医療保険と併用できる [留学記]

◇クレジットカード付帯保険は現地医療保険と併用できる



 

 

クレジットカード付帯の医療保険は、複数枚分を合算できるとこちらで書きました。

 

私の場合、留学先が医療保険を提供してくれているので、現地の医療保険との併用ができるか数社に確認しました。

 

[結果]

 

  アメリカンエキスプレス:可能

  SuMi TRUST:可能

  三井住友カード:可能

 

3社に問い合わせて3社とも可能でした。おそらくどこのカード会社でも可能と思われます。

 

クレジットカード付帯保険を利用するメリットですが、Co-payDeductibleCo-insuranceなどの自己負担額が保険金で返ってくること、医療機関までの交通費も補償されることなどがあります。

 

医療機関を受診する際は、保険が有効なクレジットカードの保険関係に病院名等を連絡して、タクシーなどの領収証をとっておきましょう。

 

クレジットカード付帯保険の有効期間と、その対策についてはこちら参照。

 

デメリットとして、1社の担当者から注意点として言われたのは、現地の保険と併用すると、保険金の支払いまでに時間を要する場合があるらしいです。治療内容が保険金限度額内で収まるようであれば、クレジットカード付帯保険のみを利用すると、保険金の支払いが円滑になるとのことでした。個人的にはそんなに大したデメリットでもないと思います。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

留学と医療保険 [留学記]

◇留学と医療保険 





アメリカの医療は高く、留学のように長期滞在が見込まれる場合は医療保険をかけておかないと大変なことになります。 


J1ビザの取得に際しては、法的に以下の内容を最低限補償する保険に加入しておく必要があります。私の場合はDS-2019を取得する際に提出を求められました。 


  1. 一人一疾病$100,000ドル以上の医療補償
  2. $25,000以上の遺体搬送費用補償と、$50,000以上の医療帰国搬送費用補償
  3. Deductible$500以内
  4. Co-insurance 25%以内
  5. 保険会社の格付け: A.M. Best rating of A-以上; an Insurance Solvency International, Ltd. rating of A-i以上; a Standard & Poor’s Claims-paying Ability rating of A-以上; or a Weiss Research, Inc. rating of B+以上

F1ビザ(学生留学)の場合は特に規定はありませんが、最近では大学等から同等の内容の保険に加入しないと留学が認められないことも増えてきているようです。


さて、医療保険に関して、J1ビザの留学生には以下の2つのケースがあると思います。 


    大学や研究機関が医療保険を提供してくれないケース


    大学や研究機関が医療保険を提供してくれるケース 


    大学や研究機関が医療保険を提供してくれないケース


この場合、多くは自分で保険に加入する必要があります。日本でも海外でも加入できますが、圧倒的に日本の保険会社(AIU, 東京海上日動など)の方が安いです。本人と配偶者、子供一人の三人で一年間の保険に加入したと仮定すると、AIUの場合、治療救援費用無制限プランで年間約50-60万円です。しかも、Co-payDeductibleも補償されるので、自己負担無料で医療が受けられます。同等の保険はアメリカでは販売されていません。仮にDeductible $0の保険に同様の条件で一年間加入したとすると100-150万円と試算されました。


アメリカでは医療費の支払いトラブルが多いと聞きます。行われてもいない検査費用や処置費用が請求されることも多いとか(→こちら)。日本の保険会社で契約すると、日本語でのサービスがあるため、同行される家族にとっても安心だと思います。


    大学や研究機関が医療保険を提供してくれるケース


  ①のケースでは「日本で加入」の一択なので悩みようがないですが、むしろ悩ましいのはこのケースです。


 受け入れ先が提供してくれる保険はアメリカ人向けの保険なので、上の”2”で挙げた、遺体搬送費用及び医療帰国搬送費用が補償されません。また、遺体搬送費用及び医療帰国搬送費用のみを補償してくれる保険は日本にはありません。したがって、多くの人が保険の二重掛けをして渡航していると聞きます。


 私はオンラインで加入できる遺体搬送費用及び医療帰国搬送費用のみを補償してくれる保険を発見して、これに加入しています。問題なくビザがおりました。


 その保険はこちらのサイトから加入できます。年額$178なので、かなりコストを削減できると思います。ただし、受け入れ先が提供してくれる保険の内容はよく考慮したうえで加入してください(実は、私もまだ理解できていません。なぜ2型糖尿病がカバーされないのか、どこにも書いてないからです。)。あと、クレジットカードの付帯保険を上手に使うこと。一時的で上限金額がありますが、AIUの代わりになります。海外医療サポートセンターが利用できるカードを持っていれば、医療機関の手配に困ることもありません。


   


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

一時帰国中 [留学記]

◇一時帰国中





妻の出産のため一時帰国中でしたが、先日無事に生まれました[exclamation][exclamation]


IMG_1315.JPG


しばらく更新できずに申し訳ありませんでした。


アメリカ帰国は9月上旬の予定です。今、赤ちゃんのDS-2019を取得するために奔走しています。


また随時更新していきますので、是非訪問してください。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

研究室の様子2 [留学記]

◇研究室の様子2




マウスを用いた動物実験を始めました。


動物実験を用いた研究に携わったことがある方ならお分かりかと思いますが、動物実験を始めるためにはいろいろな教育訓練を受講することが必要です。


私の研究室では、教育訓練はすべてオンラインで受講します。内容は、いわゆる研究計画の立て方だとか、動物愛護関係だとか、ケージのラベルに関する事項だとかになります。この辺はどこも共通だと思います。


以前の所属先との違いはというと、


①職員が動物のチェックをほぼ毎日行う。


 毎日のように動物チェックが入り、頭数が適切か、健康不良のマウスがいないかチェックされます。頭数オーバーだとすぐに連絡が入り、7日以内に適正化しないと施設スタッフによる適正化と罰金が科せられます。毎日健康チェックされるので、マウスにストレスがかかり、雄雌を交配させていても、なかなか妊娠しないことがあるようです。あまりに妊娠しないので別の動物実験施設に逃げていった研究室もあるそうです。また、ケージに少しでもおかしいマウスがいると、獣医によるチェックが入ります。この結果、遺伝子改変マウスなどで、せっかくマウスに表現型が現れても、健康チェックの結果、安楽死処分になることがあるようです。私が留学前に研究で用いていたマウスは体重が軽くなるので、もし現在の研究室だったら、まず研究が進まなかっただろうと言われました。


②マウスにかまれたら報告

 

 日本ではマウスにかまれても特に決まりはありませんでしたが、ここではマウスにかまれたら報告しなくてはなりません。また、マウスによるアレルギーなどが出現した場合も同様です。日本でいう労災と同様の扱いになっています。


③防護服は非常に簡易


 日本では靴を脱いで、手洗いして、上下つなぎの服に着替えなくてはなりませんでしたが、ここでは、簡易のガウンと、靴にはカバーをして入室です。退室するときはなんと室内で脱いでから退室します。清潔にはあまり気を使っていない気がしますが、でも清潔環境は非常に良いようです。


④マウストラップがない


 日本の動物実験施設にはマウストラップが多くあり、逃亡防止措置が取られていましたが、ここにはありません。マウス逃亡防止設備のない実験室にマウスを生きたまま持ってきている研究者もいました。


⑤動物愛護の観点からの規制が多い


 一番の違いはこの点だと思います。とにかく「動物愛護してますよー」という規則が多くあります。毎日健康チェックもこの一環です。そのほかでは、例えばマウスが一定の年齢を超えると安楽死、体重が標準体重±20%以上で安楽死などの決まりがあります。日本では広く認められている頸椎脱臼による安楽死も、特別なプロトコルでないと認められません。手術後は3日間のブプレノルフィン(レペタン)注射が義務付けられています。みんな、術後3日も経つと、注射のほうが痛いだろうと言っています。


こんな感じで、少し戸惑いながらも動物実験をしています。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

日本のアマゾンプライムをアメリカで見る [留学記]

◇日本のアマゾンプライムをアメリカで見る




nasneで日本の番組が見れなくなったのですが、日本のコンテンツをアメリカにいながら視聴する方法を発見したので報告します。


日本のアマゾンプライムに登録して視聴するという方法です。


アメリカAmazon Primeの事は以前書きました。Amazon Primeで映画やドラマなどを視聴することができるのですが、特に映画は、人気映画や最新映画はほとんど配信されていません。


日本のアマゾンプライムはその点、多くの人気映画を視聴することができます。過去の日本のドラマを視聴することもできます。


価格も400円/月で、アメリカの$12/月よりもかなり安いです。


ただ、このままでは視聴できません。インターネットの接続元(サーバー)がアメリカだと、視聴できないためです。日本のサーバーを経由すれば視聴することが可能です。


筑波大学のVPN中継サーバープロジェクト VPN gate.netを利用することにより視聴が可能になります。設定方法はリンク先で確認ください。


VPNを経由すること自体はinterlinkという会社が日本・アメリカ・ドイツなどでビジネスを行っていますので、違法ではないようです。ただ、このあたりの問題は、今後大きく変化する可能性があるので注意が必要です。海外から日本の公開VPNを介した接続については制限を開始している会社もあります。日本のNetflixやAmeba Tvはしばらく前までは海外からも視聴できたそうですが、現在は制限がかけられているようです。今後の動向には注意が必要です。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -