So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

UberとLyft [留学記]

◇UberとLyft


日本では(規制のため)サービスが提供されていないですが、アメリカにはUberやLyftといったライドシェアサービスがあります。平たく言うと、スマホで呼べるタクシーです。事前に降車場所を指定でき、事前に価格もわかり、支払いもクレジットカード経由で行われるためドライバーと直接お金のやり取りをする必要がありません。一般的なタクシー(イエローキャブ)よりも価格は安くなる場合が多いです。

Uber.pnglyft.jpg


ニューヨークではもちろん、ニュージャージーそのほかの地域でも、都市部であればほとんど利用可能です。


UberやLyftはまずアプリをダウンロードしてクレジットカード情報等を入力します。


車を呼ぶときはアプリを立ち上げ、乗車場所を指定します。


IMG_1768.PNG IMG_1770.PNG


上はUberの画面ですが、Lyftも同じような感じです。多くのUber車が周囲を走っていることが分かります。GPSをオンにしておくと自分の場所が表示されます。位置情報はかなり正確ですが、ニューヨークではStreet一つ分くらいずれていることがありますので、場所をよく確認しましょう。棒をドラッグしてピックアップポイントを指定します。場所が間違えているとドライバーを探し回らなといけません。しかも客待ちしている間は時間外料金が発生します。


次に降車場所を指定します。また乗車したい車の種類を指定します。


この時点で運賃が分かります。一番安いのはUberの場合"Pool", Lyftの場合"Line"ですが、他のユーザーとのライドシェアになる可能性があるため、まっすぐ目的地に向かわない可能性があります。車一台を占有したければ、UberXまたはLyftを選択します。多くの場合カローラクラスですが、荷物が多い、または人数が多い場合、高級車がいい場合などは、別の選択肢も用意されています。目的に合わせて使い分けると良いでしょう。


私はUberとLyftの二つを使っています。理由は、


①UberとLyftで値段が違うことがある。特にUberは繁忙期価格が設定されていて、需要が多いときはかなり高額になる場合がある。

②Uberが近くにいなくてもLyftは近くにいる場合がある。

③Lyftは時々クーポンを配布していて、運賃が割引になることが多い(ような気がする)。

④UberはSPGポイント(ホテルポイントプログラムの一つ)と提携していて、ポイント有効期限の延長ができる。


ニューヨークではほとんどの場合5分以内に車を手配できます。


安全性ですが、UberやLyftのドライバーは確かに移民が多く、英語が不得意な人も多いですが、ドライバーになるときに厳格な犯罪歴調査が行われていること、また乗客からの評価が一定以下になると契約解除になることなどから、ドライバーは親切な人が多いです。UberやLyftのサービスで危ない目にあったという人も知りませんので、非常に安全性は高いと思っています。


日本では中国人が日本でこういうサービスを展開しているとよく報道されていますが、UberやLyftなどのライドシェアサービスは白タク行為とされていて違法です。しかし、ニューヨークでは非常に便利で、特に私は車を運転していないので、買い物の後や雨の時などによく利用させていただいています。


赴任・留学のみならず、ビジネス・観光等でアメリカにたびたび行く人には必須のアプリだと思います。






nice!(2)  コメント(0) 

Brooklyn Bridge

◇Brooklyn Bridge


Brooklyn Bridgeに行ってきました。Brooklyn BridgeはLower ManhattanとBrooklynを結ぶ橋で、アメリカでもっとも古いつり橋の一つです。




個人的には、ブルックリン側にまず渡ってからマンハッタンに向けて、摩天楼を見ながら歩くのがオススメです。


IMG_1682.JPG


ブルックリン側の橋のたもとは公園になっています。シェイクシャックでランチします。シェイクシャックは最近東京に進出したそうですね。


橋の上からは、マンハッタンの摩天楼が一望できます。


IMG_1687.JPG


つり橋ですがほとんど揺れません。鋼鉄のワイヤー等で頑丈に作られているからでしょうか?


IMG_1693.JPG


ちなみに白線の右側は自転車通行帯になっていて、多くのサイクリスト達が通ります。観光客に苛立っている地元民のサイクリストも多いので注意しましょう。


橋からは自由の女神も見えます。


IMG_1063.JPG


マンハッタンまで行くとすぐそこに地下鉄のブルックリンブリッジ駅があります。


ニューヨークにはブルックリンブリッジのほかに、クイーンズボロブリッジ、ジョージ・ワシントンブリッジなど風光明媚な橋が何本もあります。橋めぐりをするだけでも楽しいです。


nice!(2)  コメント(0) 

DS-2019更新

◇DS-2019更新


DS-2019を更新してもらいました。


2018/4/1~2019/3/31まで有効な医療帰国及び遺体搬送費用保険を、International Student Insuranceで購入し、担当者に送付しまいした。すると、2017/4/1~2019/3/31まで有効なDS-2019がすぐに発行されました。


私も最初は勘違いしていたのですが、ビザは入国のために必要なだけで在留許可ではありません。在留許可証はDS-2019になります。アメリカ国内で我々留学生の合法的在留を証明してくれるのがDS-2019、Letterサイズの紙切れ一枚です。


2年有効ビザがほしいから、DS-2019の有効期限をもう一年延長してくれと交渉しましたが、どうも我がラボでは一年更新が基本のようです。ビザなんてきれててもいいじゃんくらいの勢いでした。同僚に訊いても同様に、ビザが切れてても国内にいる限りは大丈夫だよ的な感じでした。


国際学会とか身内の不幸とかで出国しなければならない状況はあるでしょうにと思ったのですが仕方がありません。


DS-2019にその場でサインさせられ、これで新しいものが有効になったと言われました。ただ古いDS-2019は絶対に破棄しないように言われました。時々、過去の合法的滞在を証明させられることがあるそうです。紙切れ一枚ですが、パスポートと同等かそれ以上に大事な書類なので、留学生のみなさんはくれぐれも捨てたりしないようにしてください。

nice!(2)  コメント(0) 

KidPass [教育・育児]

◇KidPass






ニューヨークで子供にいろいろな体験をさせたいと思いませんか?


そんな時に便利なのがKidPassです。


KidPassはポイント制になっており、ポイントを使用して様々なアクティビティーに参加できます。アクティビティーの種類にはプール、音楽、料理、実験等があり、自由に選べます。自由の女神に登れるというアクティビティーもあります。自由の女神に登るチケットは競争率が高いので、これが一番いいかもしれません。


$49で10 credit, $99で25 credit、$189で50 creditを購入できます。一レッスンに必要なのは3~4 creditというのが多いようです。利用者からの紹介で、初回の10 creditは無料です。


先日、初めてKidPassを利用して、プールに行ってきました。


普通のマンションのプールを利用していました。

IMG_1709.JPG


新調した水着に着替えます。

IMG_1710.JPG


レッスンの様子。子供2人に対して先生が一人ついてくれます。時間は45分間。

IMG_1712.JPG


息子も満足したようです。次回はLEGOのアクティビティーに参加する予定です。


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

日本に持ち帰りたい試薬・実験手法等 [留学記]

◇日本に持ち帰りたい試薬・実験手法等






こちらのラボの試薬や実験手法でこれは便利だと思うものを紹介します。


1. Direct PCR tail (Viagen) 100ml $149 

 この試薬200㎕にProteinase Kを加えて55℃で一晩熱するだけでDNAが抽出できます。しかも、特段の後処理を必要としません。溶かした尻尾の溶液を直接PCRの試薬に入れるだけでGenotypingであれば十分ワークします。注意点は十分量のDNAをとるのに、少し長めの尻尾が必要ということです。Genotyping用のDNAを抽出するのに、以前はカラム精製法(GeneJET)を用いていました。この簡便さを覚えてしまうともとには戻れません。


Viagen.jpg


2. KAPA2G Fast HotStart Genotyping Mix $197

 よくあるHot Start PCRの試薬のひとつですが、すでに色素がpre-mixされているので電気泳動前に追加する必要がありません。さらにPCR産物の特異性も高い気がします。


KAPPA.jpg


3. RT-PCRの方法

 当ラボでは、RT-PCRはfinal 10㎕で反応させています。試薬の使用量を大きく削減できます。


4. WB後の抗体の使いまわし

 前のラボではウエスタンブロットの一次抗体は、反応後廃棄していました。そのためラミネートフィルム等を用いて抗体の使用量を最小限にしていました。当ラボでは、ウエスタンブロット後の一次抗体は回収して冷蔵庫または冷凍庫に保存し、2~5回使いまわしています。十分量の抗体を最初から使えるので、大きなメンブレンでも満遍なく抗体を反応させることができます。


また気づいたことがあれば書きたいと思います。

 

 


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(3)  コメント(0) 

クレジットカードインビテーション [留学記]

◇クレジットカードインビテーション






こちらで生活し始めて半年が経過しました。


ついに私にクレジットヒストリーが構築されたみたいです。しかし、未だにFICO Scoreは確認できませんが。(FICO ScoreはJAL USA CARDのHPから確認できます。)


銀行からクレジットカードのインビテーションが3通来ました。


IMG_1485.JPG


IMG_1486.JPG


IMG_1487.JPG


2通はニューヨークにもある有名な銀行ですが、一通はCredit One bankというクレジットカード専業銀行のようです。


3社それぞれのメリットは以下の様です。


TD Bank: クレジットカード使用で$150キャッシュバック、レストランでの利用で2%キャッシュバック、そのほかの利用で1%キャッシュバック、外国為替取引手数料無料。


Capital One Bank: 5回の支払期日にちゃんと支払いするとクレジットスコアが早く上がる。


Credit One Bank: クレジットヒストリーの悪い人でも申し込めるカードのようです。


この中ではTD Bankの特典内容が一番良かったのでTD Bankに申し込みをしました。審査結果待ち中です。しかし、取引したこともましてや聞いたこともない銀行からクレジットカードの招待が来るとは、さすがアメリカ、クレジットヒストリーが商品化されている国です。


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

Columbus Day [留学記]

◇Columbus Day






10月の第二月曜日(今年は10/9)はアメリカではColumbus Dayという祝日です。5番街ではパレードが開かれるそうです。

ニューヨーク-コロンブスデー-315x128.jpg


銀行は休み、公立学校も休み・・・当然私もと思いきや、通常業務でした。息子のpreschoolもやってました。NY証券取引所も休みではありませんでした。試薬も休みの企業分は出荷されず、通常業務の企業分は出荷されていました。


どういうことか分からなかったので、現地人に聞いてみると、Columbus Dayは準祝日のような扱いになっているそうです。


詳しく調べてみると、Federal Holidays(連邦の定める祝日)には10日ありますが、日本と違って、祝日に休業するかどうかは企業に委ねられていること、州によってはFederal Holidayが休日とならない場合があること、逆にState Holiday(州の定める休日)が設定されている場合があること、といったことが分かりました。Columbus Dayでは約80%の企業が通常業務をしているようです。http://holidays-calendar.net/calendar/usa_calendar.html


今のところ我がラボでは、


 Memorial Day: 休み

 Indepedence Day: 休み

 Labor Day: 休み

 Columbus Day: 通常業務


休日のたびに、通常業務かどうかの確認が必要なようです。

(追記: 施設としてお知らせが貼り出してありました。10の休日のうち、7日が休みでした。)



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

アメリカへの引越について [留学記]

◇アメリカへの引越について






だいぶご無沙汰してしまいすみません。

今回はアメリカへの引越について経験を書きたいと思います。

7月の一時帰国中に発送した引越荷物が9月中旬に到着しました。

一般的にですが、アメリカへの引越には数十万円程度かかる事が多いようです。

少しでも削減したい私。

まずは持っていくものと持っていかないものの選別をします。

①持っていかないもの

 家電、家具

 多くの家電は現地でそろえる方が安いです。家具も持っていかず現地調達の方が良いでしょう。ベッドは西川の圧縮折りたたみマットレスが非常に心地よいです。

②持っていくもの

 服、調味料、箸、炊飯器、おむつ、ティッシュ、日本語の本、突っ張り棒、洗濯用品、風呂用品

 

 日本の調味料はアメリカでも手に入るのですが、高価なので持っていきます。同様におむつ・ティッシュも高いので、ダンボールの空きスペースにどんどん入れます。箸は特に子供用は必須。アメリカにはほとんど売っていません。以前も書きましたが菜箸も必須です。炊飯器は必須ではないですが、あると全然違います。電圧問題なく稼働しています。

IMG_1495.JPG

突っ張り棒は便利です。ウチでは傘立てとシューズボックス代わりに使っています。

IMG_1652.JPG

洗濯用品のなかでも、アメリカで少ないのが干す用途に使う製品です。アメリカでは乾燥機を使って乾かすことが多いためだと思います。

4FE18AC7-42F4-487F-B84B-422427DB12EC-4298-000004B4A20A1049.jpeg

こんなランドリーハンガーは日本なら数百円で購入できますが、アメリカでは非常に入手困難です。ニューヨークに数店舗ある無印にはおいてありますが、何十ドルもするので、日本から持参することをお勧めします。

物干しスタンドも便利です。ニトリの物干しスタンドを購入し発送しました。

IMG_1655.JPG

このように広げて室内干ししています。布団も干せるので便利です。私のアパートの乾燥機は1回$2なので経費削減もできます。(ニューヨークのマンションで室内に洗濯機を置ける物件は、最新マンション以外ほとんどありません。大抵は共用の機械をお金を払って使うシステムです。)

風呂用品ではボディタオル、吸着式ハンガー、S字フックなどを持っていくと便利でした。

さて、このようにして家族4人(私、妻、息子3歳、娘0歳)持っていくものが揃ったので、輸送業者を選定します。

以前も書きましたが、JALは受託手荷物として、23kg 203cmまでの荷物を一人あたり2つまで無料で預ける事ができます。かなりの大きさのダンボールでも大丈夫です。私はJALグローバルクラブのサファイア会員なので、私と妻は32Kg 203cm の荷物を3個まで、子供が23kg 203cm を2個まで、計8個を無料で運んでもらうことができます。

手荷物として運ぶ分を除いて考えると、ヤマトの「海外引越単身パックミニマムサイズ」を用いることとしました。ニューヨークまで約2ヶ月、75000円でした。長いダンボールがもらえるので、物干しスタンド、突っ張り棒など長物も運べます。

現地で早めに使いたい物は、郵便局のEMSサービスを使って送りました。これだと3日ほどで着きます。

 

 このようにして引越を済ませました。

総費用 ヤマト 75000+ EMS 15000 = 90000円

手荷物が大量になった結果、空港では大変で、家族には迷惑をかけましたが、かなり経費削減できたのではないかと思います。

↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

帰ってきました [留学記]

ビザ取得や学位審査などが無事に終了し、先週ニューヨークに戻ってきました。
ラボには今週から復帰して、実験を再開しました。とはいえ、どこまで進んでいたか思い出しながらなので、ほとんど進みませんでしたが。

ラボの仲間がランチ時間に、家族のウェルカムパーティーを開いてくれました。皆、温かく迎えてくれて、いいラボに配属されたことを感謝しています。

来週からは少し頑張っていきたいと思います。

nice!(2)  コメント(0) 

学位審査が終わった [留学記]

◇学位審査が終わった





昨日、学位審査が無事終わりました。妻の出産で帰日中に終わらせようと準備していたので、予定通り無事に終了しほっとしました。


私が在米中に学位審査の書類作成、提出等で尽力頂いた皆様、特にO君にはこの場で御礼申し上げます。


審査日程の調整では、日本に帰っているこの2ヶ月の期間で、審査委員の先生方の都合が合うのが数日しかありませんでした。留学後に取るのがいかに大変か分かりました。後輩の大学院生に伝えたいのは、できれば4年のうちに、望むらくは夏までに「学位取得見込み」が得られるように頑張ってほしいです。海外留学助成などは夏から秋にかけてが申請のピークなのですが、「学位取得見込み」がないと申請できない助成金がほとんどです。


審査委員の先生方からの質問集中攻撃に耐えるのはかなり疲れました。論文作成から半年近く経過しているので、当時の記憶も薄れています。


さて、我が大学院で博士号を取得するには査読付き英語論文にアクセプトされている必要がありました。留学している他大学の友人によると、論文にアクセプトされてからでないと学位がもらえないのはむしろ少数で、多くの大学では条件が緩いようです。論文不正などが明るみになっている中、複数回実験による再現性確認や別手法による現象の確認などが要請されるようになっています。必然的に論文発表までの時間が長くなりますので、我が大学院の規定のままでは、決められた期間で博士号を取得できる人が減っていくのではないかと危惧しています。特許関係で論文発表できない人はどうなるのでしょうか?人によっては否定的なreviewerにあたって、何度revise実験しても許してくれないという運が悪いことになることがあるようです。この場合も我が大学では学位を取得できません。


ほかの国はどうなのでしょうか?Weil Cornell Medical Collegeは1本の英語論文アクセプトが条件のようです。ただ、何年かかって仕上げてもよいようです。(当方では、4年で書けなかった場合、卒後2年以内にアクセプトされなくてはなりません。)韓国ではどうでしょうか。韓国人の同僚によると、彼の出身大学では英語論文2本が学位取得の条件だったそうです。だから多くの人は韓国の学会が発行する、査読が早く緩い雑誌に投稿するそうです。


とにもかくにも、子どもが生まれて、ビザ取得して、学位審査が終わって、車を売却して、といったタスクを何とか終了することができました。あとは引越すだけです。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -