So-net無料ブログ作成

IDNYC [留学記]

◇IDNYC


アメリカではIDカードを携帯することが望ましいとされます。しかし、常にパスポートを持ち歩くのは危険ですよね。1番オーソドックスなIDカードは運転免許証ですが、Social Security Numberが無いと発行できません。J2ビザで滞在している人はSSNが無いことが多いので、IDに困ってしまいます。


こんな時に便利なのはニューヨーク市独自に発行しているIDNYCです。メリットは以下のようにたくさんあります。


①公的なIDとして使える。銀行や役所など。

②図書館カードとして使える

③動物園、植物園、美術館、博物館などの入場料が1年間無料になる。


特に③は大きいですね。Bronx zoo やThe Met、AmericanMuseum of Natural History などの入場料が無料になります。しかも1年間とは、IDNYCを取得してからではなく、各所で無料化手続きをしてから1年になるところがほとんどです。


私は、よく息子を連れてAmerican Museum of Natural History(息子は恐竜パークと呼んでいます。)に行っています。


このIDの注意点は以下の通りです。


①アルコールを購入するときのIDとしては使えない。(運転免許証と間違えてIDNYCを提示したことがありますが、普通に受け付けてくれましたが。)

②空港では別のIDも必要: REAL ID Actという法律が今年の1/22に施行され、NYの運転免許証はこの法律が求める基準を満たさなくなったそうです。IDNYCも同様と思われます。

③動物園はBronx zooでしか手続きできない。


IDNYCの取得方法ですが、ホームページhttp://www1.nyc.gov/site/idnyc/card/application-materials.pageから申請できます。運転免許証、パスポート、婚姻証明、電気ガス電話等の請求書などを用意しましょう。書類が所定の要件を満たせば申請できます。面接予約を取ります。


面接会場で写真を撮影してもらうと、後日、IDNYCが郵送されてきます。





タグ:IDNYC
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。