So-net無料ブログ作成

私の英語勉強法 [留学記]

◇私の英語勉強法






海外に留学するメリットの1つに、英語でコミュニケーションをとる環境に身を置くということがあります。せっかく留学しているのですから英語でうまくコミュニケーションができるようになりたいものです。


しかしながら、日本の学校で習った表現は現実には一般的表現でない場合も多いです。例えば「~し終わった」という表現は学校では "I finished doing~"と習いますが、まず使いません。通常は"I'm done (with~)"といいます。


私も英語がうまいとは言えませんが、何とかコミュニケーションが取れるようになってきました。私の考える英語学習のポイントは①生きた英語に触れる。②英語発音の特徴に慣れる。③考えなくても表現が出てくるように練習する。ということだと思っています。


①生きた英語に触れる

 実際に使われている表現に触れる方法として、一番多く紹介されているのは「海外ドラマや映画を見ること」ですが、これでは「ながら作業」ができません。発音とsubtitleにずれがある場合も多いです。私のオススメは「Youtubeでゲームプレイ動画を見る(聞く)こと」です。(私がRPG好きなのも影響していますが。)Final fantasyシリーズはアメリカでも人気で、多くのプレイ動画がアップされています。Final fantasy X以降はムービーが多くなり、人がしゃべる場面が多くあります。実際の発現と字幕がずれることはありません。私の好きなFinal fantasy XIIIはオープニングから実際に使える表現が多く出てきます。

 "You serious?" 「本気か?」

 "Best of luck" 「幸運を」

 "So far so good" 「これまでいい調子」

 "Heads up" 「注意」

 "How can I put this..." 「何と言ったらいいか・・・」

 そのほかにも

 "In a nutshell" 「とどのつまり」

 "Drive me nuts" 「イラつかせる」

など。アメリカ人nuts好きなんですよね。本当に。会話でよく出てきます。

 

②英語発音の特徴に慣れる

 英語発音の特徴とは端的に言うと「次の単語とつながることが多い」ということです。フランス語のリエゾンみたいな感じです。例えば"Do you know"は「ジュノー?」という発音になりますし、"There is a~"は「でぇあずア」となります。"I should have~"は「アイシュダヴ」になります。should have, must have, might haveについてはむしろ繋げないと聞き取ってもらえません。

 これはYoutubeで「コペル英会話」と検索してください。英語発音の特徴を分かりやすく教えてくれます。


考えなくても表現が出てくるように練習する

 音楽を聴いているときに次のフレーズが自然と浮かぶように、英語も考えなくても次のフレーズが浮かぶように練習しておくと余裕をもって会話を組み立てられます。具体的には中学高校でやったような単語帳を使った練習がいいと思います。

 例えば、had betterの構文に対して表に日本語訳、裏に英訳を書いておき、日本語を見た瞬間に英語表現が浮かぶまで練習します。例文も1つではなく、数個作り、いろいろな状況に対応できるようにしておくと応用力が上がります。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。

タグ:英語 勉強法
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。