So-net無料ブログ作成

NYでのデルタスカイマイルの使い道 [飛行機]

◇NYでのデルタスカイマイルの使い道






先週末から非常に寒い[雪]です。夜は摂氏-14℃くらい、昼でも-5℃とかの日が続いています。シャワーの後、ちょっと外に出たのですが、すぐに髪が凍って整髪料を付けたみたいになりました[あせあせ(飛び散る汗)]


明日明後日は寒気も少し緩むようです[晴れ]


さて、今日はマイル関連の話題です。4月に学校の春休みがあるので、バハマまでの旅行を計画しました。デルタ航空の25,000マイル/人でJFK⇒ATL⇒NASの旅程が組めました。


宿泊先はMarriottのポイントを使って、Atlantisを予約しました。Atlantisはバハマの首都ナッソーの隣島にあるパラダイス島にあるリゾートで、カジノを中心とした豊富なアクティビティーと美しい砂浜がある魅力的なリゾートのようです。今から楽しみでしょうがありません[るんるん]

Atlantis1.jpgAtlantis2.jpg


以前、デルタ航空はマイル数が高くなることが多いと書きましたが、春休みのバハマが25,000マイルで取れたのが少し意外だったので、アメリカ3大航空会社、ユナイテッド(UA), アメリカン(AA)、デルタ(DL)のアメリカ国内線、近距離国際線の必要マイル数について少し調べてみました。


調べたのはニューヨーク発のカンクン(CUN)、オーランド(MCO)、ロサンゼルス(LAX)往復で、旅行期間がFlexibleの最安値と2019/4/20-24のfixed dateです。税金等は考慮していませんが、ほとんど同じだと思われます。


航空会社 行先 4/20-24 最安
UA CUN 35000 35000
MCO 35000 25000
LAX 31500 25000
AA CUN 30000 30000
MCO 25000 25000
LAX 37500 25000
DL CUN 28000 21000
MCO 25500 13000
LAX 39500 23000


ニューヨークからの距離でいくと、MCO<CUN<LAXの順、国内線国際線の別でいうと、CUNのみ国際線になります。(国際線の場合は乳児チケットに料金が必要です。国内線は無料。)


こう見ると、UAとAAは国内線は距離にかかわらず片道12,500でFix、国際線も到着地エリアで決まっていて、需要に応じて必要マイル数が上がることが分かります(必要マイル数チャートが公開されています。)。一方デルタは、必要マイル数チャートがなく、完全に需要により必要マイル数が決まってきます。国内線・国際線の別もないようです。また、最安値を見ると、おそらく距離と最安値が比例する関係にあるようです。


このように見ると、片道3,4時間の短距離路線、特にメキシコやカリブ海行きはデルタの"Sweet Spot"かもしれません。(とはいえ、マイル単価は¢2/mileくらいにしかなりませんが・・・)日本路線では、エコノミークラスであれば、New York-Tokyo往復が60,000マイルくらいになる日程も比較的多く見つかります。ビジネスクラスも最安140,000マイルで往復できる日程も見つけることができました。


前回、あまりいい評価をしなかったデルタスカイマイルですが、「ニッポン500マイルキャンペーン」や「Lyftで1マイル/$キャンペーン」など、比較的マイルを貯めやすいプログラムになっています。定時就航率やサービス面もかなり向上して、ぐんぐん評判が上がっている飛行機会社でもあります。必要マイル数という観点からは、完全に需要と供給ベースでマイル数が決まるので、繁忙期でも早め早めに旅程を決められる人、閑散期に旅行が可能な人向けのマイレージプログラムだと思います。


長距離路線の必要マイル数が一番低い:AA

特典座席数が多く特に長距離路線で真価を発揮:UA

短距離路線、閑散期の必要マイル数が最少:DL


といったところが私の印象です。


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。