So-net無料ブログ作成

カンクン旅行② [旅行]

◇カンクン旅行②




カンクン旅行①の続きで、今回はWestin Lagunamarのプールの様子です。
プールは2つありますが、メインプールを紹介します。
プールの特徴は、プールサイドにプールコンシェルジュがいて色々お世話をしてくれます。椅子を探して、バスタオルで上手に椅子を作ってくれます。
s_P2210490.JPG
プールは上と下に分かれていて、間に橋が架かっています。両方ともインフィニティプールの仕様になっています。これは上のプールの様子。
s_P2220523.JPG
これは下のプールからビーチ方向を撮りました。
s_P2210507.JPG
下のプールからホテル側です。右手の茶色屋根の建物はバーになっていて、プールサイドチェアまで飲み物やピザを持ってきてくれます。
s_P2210505.JPG
上のプールには小規模ながらウォータースライダーがあります。
s_P2220522.JPG
今回の旅行中は風が強く、ビーチで遊んでいる人はほとんどいませんでした。プールがゴージャスなホテルはこういう時に、飽きることがないのでいいですね[ひらめき]
次回はWestin Lagumanarそのほかを紹介します。
↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年版クレジットカードガイド(Chase 5/24ルール改悪) [クレジットカード]

◇2019年版クレジットカードガイド(Chase 5/24ルール改悪)




予定を変更して、クレジットカード関連の情報を。

魅力的な高還元率クレジットカードを多数発行しているChaseには5/24ルールという独自ルールがあります。これは24か月以内にクレジットカード(他社発行含む)を5枚以上作っていると、それ以上Chase発行カードの新規承認が下りなくなるというルールです。

これまでは5/24ルールが適用されるカードと適用されないカードに分かれていました(⇒こちら)が、昨年11月頃より、ほぼすべてのChase発行カードについてこのルールが適用されるようになりました。また、5/24ルールに関わらずカードを作れたChase Private Clientの顧客に対してもこのルールの適用が始まりました。"Selected for you"もダメになりました。

さらに、1日に何枚も応募するなど、短期間に多くのカードを申し込むような行為については厳しい取り締まりが始まった模様です。

したがって、クレジットカード発行については、より念入りな計画が必要になります。

なお、Marriottのカード(Marriott Bonvoy Card)については、一般カードがChaseより、上級カードとビジネスカードがAMEXから発行され、AMEXの一般カードについては申し込みできなくなりました。

2019年のお勧めの順番は以下の通りになります。

①JAL, ANA USA Cardでクレジットスコアを上げる。720程度になるまでひたすら我慢する。

AMEXのビジネスカードについては5/24ルールの適応外であることが多いので、ビジネスカードを発行してスコアを上げる。(ビジネスカードといってもAMEXがビジネスの内容あまり突っ込んで聞いてくることは少ない。)Blue Buisiness Plus Credit Cardが最初はいいと思います。

③残り4枚の中からいいものを選んでおく。

 1. Chase Sapphire Preferred
 2. Chase Sapphire Reserve
 3. World of Hyatt (絶対にオススメ[ひらめき]
 4. Marriott Bonboy
 5. United
 6. IHG
 7. British Airways
 8. Southwest
 9. Amazon

 ちなみに、1と2については、bonusの両取りができなくなったようです。

 私なら、Reserve, Hyatt, Unitedと、残り一枚は生活環境や貯めているポイントに応じて選ぶと思います。AmazonやWhole Foodsの利用が多ければAmazonを、IHGやANAホテルの利用が多ければIHGを、Southwestに乗る機会が多ければSouthwestを、JAL国内線の格安特典航空券狙いならBAといった具合です。

④4枚発行を終えたら、他社のカードを発行していく。

私個人は、BAのクレジットカードを狙っていたのですが、もう発行できなくなりました。非常に残念です。ポイントプログラムを含め、このようなルール改正(大抵、改悪)は非常に頻繁に行われますので「準備は入念に、思いたったら即行動」がアメリカでは必要だと思います。

↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

カンクン旅行① [旅行]

◇カンクン旅行①



ニューヨークの公立学校には2月の中旬にMid winter recessという一週間の休み期間があります。この期間を利用してカンクン旅行に行ってきました。
以前、ナイアガラの滝に行ったときに、帰りのJetBlueがかなり遅延して、6時間ほど遅れてニューヨークに到着したことを書きましたが、この時にお詫びとして頂いた$150のクーポンを利用しました。
NYからカンクンへ
Cancun.PNG
カンクンはメキシコのユカタン半島の先端に位置していて、NYからは3時間半程度のフライトです。東京から沖縄離島や台湾に行くようなイメージです。
カンクンの地理
カンクン地理.PNG
カンクンはカリブ海とニチュプテというラグーンに挟まれた、全長約20kmの細長い砂州に多くのリゾートホテルが密集していて、このエリアがホテルゾーンと呼ばれます。現地の人たちが暮らす市街地はラグーンの反対側の北側にあり、ダウンタウンとかEl Centroと呼ばれます。カンクン空港は砂州の南側からすぐの場所にあります。
空港からホテルへ
以前はUberが利用可能だったようですが、Taxi業界の反発で禁止となったようで、空港からホテルへの移動方法としては、①公共バス、②タクシー、③ツアーバス、④シャトルサービスです。
我々はUSA-Transfersという会社のシャトルサービスを利用しました。家族全員で往復$65(しかもprivate service)で、到着ホテルと出発ホテルを別々に指定できました。(我々は今回の旅行で3つのホテルを利用しました。)
①の公共バスは安いですが、初めての場合や子供連れは避けた方がよいです。②のタクシーはぼったくられることで有名で、絶対に避けましょう。③のツアーバスは往復$50ほどらしいですが、順番に客を降ろしていくので時間がかかります。
午後6時頃到着の便で、20分ほど早めに着きました。immigrationは20-30分ほどで通過できました。係員の処理も早かったです。(ホテルで聞いた話だと、前日は2時間程度かかったお客さんがいたそうです。)日本のパスポート保有者はビザ不要ですが、入国時にもらえる半券は出国までなくさないようにしてください。
税関も荷物チェックされることなく通過し、自動ドアを出ると、レンタカーやツアーデスクが並んでいますが、これを無視して外へ出ると、USA-transfersの看板を持っている人を発見!ほどなくバンに乗り込みます。
約20分で最初のホテル、Westin Lagnamar Ocean Resort & Spaに到着しました。
IMG_4138.JPG
IMG_4082.JPG
ほぼ全室オーシャンビューでカンクンの美しいビーチが一望できます。2つのプール、ウオータースライダー、キッズクラブ、ミニゴルフなど施設も充実しています。
IMG_4090.JPG
ホテルの目の前はLa Isla Shopping villageというカンクン最大規模のショッピングモールとなっており、食事、買い物に困りません。家族4人、約$30でメキシカン料理がおなか一杯食べられます。NYで高いメキシコ料理を食べていることを思うと、幸福感で満たされます。
IMG_4143.JPG
ここのホテルの素晴らしいところは何といっても、キッチンと洗濯機が備え付けられていることです[exclamation]特に洗濯機はカンクンのホテルにはランドリールームすらないところも多いらしく、非常に重宝します。(着替えが増えると荷物が大きくなって、飛行機の荷物預入手数料がかかりますから・・・)
IMG_4079.JPGIMG_4081.JPG
このホテルはWestin vacation clubという所謂タイムシェアホテルとなっており、フロントさんに聞くと、おおよそ90%の人がタイムシェア利用の方だそうです。部屋の設備が充実しているのも納得です。
Westin Lagunamarはホテルの立地、設備、サービスの面で、かなりオススメホテル[ひらめき]です。
次はプールの様子を書こうと思います。

↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行