So-net無料ブログ作成
携帯電話 ブログトップ

アメリカにおける最近の携帯電話事情 [携帯電話]

◇アメリカにおける最近の携帯電話事情







この1年で大手携帯電話会社のプラン(主にポストペイドプラン)が大きく変わったのでお伝えします。


1年前、アメリカの大手携帯会社は日本と同様、主にデータ通信料で月々の料金を決めていました。2018年の前半に4つの大手携帯電話ネットワーク(Verizon, AT&T, T-mobile, Sprint)はそろってポストペイドプランの変更を行い、データ従量制ではなく、通信・通話無制限へと変更し、多くのストリーミングTVチャネルの視聴も可能になり、その代わり月々の単価を大幅に引き上げました。


会社   料金
 Verizon  $75~
AT&T   $70~
 T-mobile  $70~
Sprint  $70~ 


一番安いプランだと、画像クオリティが低く、混雑時にデータ通信速度が低下します。(これが結構不評で、1Mbpsも出ないという報告もあります。)月々$10ほどを追加すると、混雑時でも一定量まで速度低下が起こらないようなプランにアップグレードできます。


アメリカの携帯電波は(すくなくともNY内では)、①弱い、②ビル内だと大体圏外、③通話クオリティがよくない、④電波が混雑していることが多い、という良くないだらけですが、本当にNYでビデオストリーミングが可能なのか疑念が残るところです。


プリペイドなどで通信品質が安定していることを確認してからポストペイドプランにしないと痛い目を見そうな気がします。(逆に安定していればテレビのCord cuttingも可能になるかもしれません。)


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

日本のスマホ通信料について [携帯電話]

◇日本のスマホ通信料について






日本のスマホ通信料が高いことが最近フォーカスされています。

やはり高い日本のスマホ通信料金 世界主要都市で東京トップ 事業者は反論 見えぬ着地点 (産経新聞)」

スマホ通信料.JPG
この記事ではニューヨークよりも少し高いというデータが出ていたので、本当なのか検証してみます。
日本と比較してNYは・・・
国内通話料無料 SMS無料
電波は弱め。地下鉄では駅以外は圏外
というところが相違点でしょうか。
通話料無料というのが最大の違いになります。これを踏まえて料金を比較します。アメリカでの比較対象は大手通信会社のポストペイドプランです。
 
アメリカ
 Verizon
  基本料金 75$
  国内通話 無料
  SMS 無料
  データ通信 無制限 (混雑時低速化の可能性あり)
  総額 $75
 
日本
 ドコモ
  基本料金 4200円 (通話し放題プラン 2年縛りなし)
  国内通話 無料
  SMS 一回3円~
  データ通信 30GB
  総額 13,500円
 
他社も同じような料金体系なので、このように比較すると明らかに日本のほうが高いという結果になります。
産経新聞の記事に出ていた総務省のデータはどういう調べ方をしたのかわかりませんが、日本の大手がデータ通信量で料金体系を決めているため、この条件を無理やりアメリカの料金体系に当てはめたと思われます。
ドコモでデータ通信を20GBに設定して、その他を最安に設定すると7,862円になるので、おそらくここに数分の通話を追加した値段を総務省はデータとして提示ていると思われますが、そもそもアメリカではこのような設定をすることが不可能です。アメリカでは格安SIMを含めてほとんどのプランが国内通話無料だからです。(私の契約するH2Oモバイルは月$27$で国内通話のみならず日本を含む国際電話も無料です。)
条件をアメリカのスタンダード(2年縛りなし、通話料無料)に合わせてに設定すると、日本が高くなりすぎるため、総務省が大手キャリアに忖度したのではないかと思います。
アメリカを基準に比較した場合の正しい結果は下図の通りです。
 Data 1.jpg

↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も
↓ホテル検索・予約はこちら。

nice!(2)  コメント(0) 

アメリカの携帯電話周波数について [携帯電話]

◇アメリカの携帯電話周波数について





前回の続きです。


前回、アメリカの携帯電話電波の周波数は日本とは全く違うと書きました。


何が違うかというと、周波数が異なります。近年、プラチナバンドという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、携帯電話電波の周波数帯のことを「バンド」と呼びます。バンドに対応した受信機を備えていないと携帯電話がつながらないのです。携帯電話業界ではバンドの周波数帯を番号で呼んでいます。(以下の情報はインターネットに重要なLTEの周波数帯の話です。通話に必要な電波の周波数帯ではありません。)


さて、日本の三大ネットワークのLTEバンドは以下の通りです。太字はメインの周波数帯です。


  バンド
DoCoMo 1,3,19,28
au 1,11,18
SoftBank 1,3,8


アメリカの四大ネットワークのLTEバンドは以下の通りです。

  バンド
AT&T 2,4,5,17
Verizon 2,4,13
T-mobile 2,4,12
Sprint 25,26,41

このように日米で全く異なった周波数帯が使用されています。世界的に見てもヨーロッパ各国やアジア各国のLTEバンドは1,3,7がメインである国が多く、多くの日本のスマホは、これらの国々でLTE電波を拾うことができるのですが、アメリカ、カナダは2,4を使っていることが多く、日本のスマホは対応していないことが多いです。

手持ちのスマホがアメリカで使えるかどうかは、アメリカで契約するネットワークの携帯電話電波の周波数帯を受信できるかどうかにかかっています。

受信できるバンドについては必ず取扱説明書等に記載されています。手持ちのスマホがアメリカで使えるかどうかは、まずは対応バンドの確認を行ってください。アメリカで使うには2,4,5,12,13,17あたりのバンドが対応になっている必要があります。Sprintは全く別のバンドへの対応が必要です。

iPhone7の対応バンドをみてみましょう。
iphone7 bands.JPG
日米双方のバンドにまんべんなく対応しています。

つぎに、最近発売となったXperia XZ premiumの対応バンドです。
Xpeiza XZ premium.JPG
この機種もiPhone7と同等の受信能力を有しているようです。

次にGalaxy S7 edgeをみてみます。
Galaxy S7 edge.JPG

バンド13,17,41に対応しているので、AT&T, Verizon, Sprintのバンドのうち一つだけから電波を受信することができます。T-mobileには対応していません。対応バンドが一つだけということは、混雑時にデータ通信速度が劣化したり、ビルの陰などでの受信感度が落ちる可能性があります。また郊外で圏外となりやすいかもしれません。

最新機種では、アメリカのバンドに対応しているスマホが増えてきましたが、1モデル以上古い機種の場合はiPhone以外は対応していないことがほとんどなので、日本からアメリカにスマホをもってきて使いたい場合は、対応バンドをよく確認してからにしてください。またSIMロック解除を忘れずに。DoCoMoとSoftBankは携帯電話契約がないスマホのSIMロック解除は受け付けていないので、SIMロック解除は携帯電話契約を解除する前に行ってください。auは契約がなくても、機種購入後一定期間が経過していればSIMロック解除してくれます。
(上記の内容は動作を保証するものではありません。)


↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

アメリカで携帯電話を利用する [携帯電話]

◇アメリカで携帯電話を利用する

日本のドコモ、au、ソフトバンクに相当する会社がアメリカには4つあります。AT&T, Verizon, T-mobile, Sprintです。Sprintはソフトバンクの子会社としても有名です。日本と同様、それぞれの会社の回線を使って格安で携帯電話サービスを提供する会社(MVNO)も多数あります。


さて、日常生活において携帯電話は必須アイテムとなっていますが、携帯電話はどのように選ぶべきなのでしょうか?パターン別にみていきましょう。


①アメリカで新規に携帯電話会社と契約する

 

 アメリカの4大キャリアには大きく分けてポストペイド契約とプリペイド契約があります。ポストペイド契約とは、日本のようにあらかじめ基本料金が決まっており、電話代やデータ通信費が後で加算されるシステムです。プリペイド契約とは月額いくらと決まっていて、この中で電話したりインターネットしたりできます。


 アメリカで新規に携帯電話会社と契約する場合、通常、渡米後すぐとなると思います。この場合、ソーシャルセキュリティー番号が付与されておらず、クレジットスコアがない状態が普通なので、ポストペイド契約はまず不可能です(追記2018/10/08追記:一定のデポジットを入金することにより可能な場合もあるそうです。)。プリペイド契約の一択になります。(最新の情報についてはこちらを参照ください。)


 プリペイド契約ではまず機種を選択し、必要な通話時間(国内無制限が多い)やデータ通信料と相談してプランを決めます。機種は安いスマホで$30くらいからあります。ほとんどの機種は型落ちの古いものです。料金プランは$30でデータ通信1GB、国内通話、SMS無料というプランが多いようです。


 さて、4大キャリア(またはMVNO)のどれを選ぶかですが、

 

 ①-1 郊外に住む、まはた行くことが多い

 ①-2 購入したスマホを日本でも使いたい

 ①-3 データ通信量を気にすることなく動画等を視聴したい


 この3つのタイプで選ぶべき会社が異なります。


 ①-1の人はAT&TかVerizon、またはそのネットワークを利用したMVNOを選んでください。T-mobileとSprintはネットワークが狭く、郊外では圏外となる可能性があります。アメリカではVerizonが一番広いとされています。


 ①-2の人は、キャリアはVerizonとSprint、機種にはiPhoneを選択してください。なぜかというと、日本は2G回線に、世界でも珍しい、CDMA方式を採用しています。アメリカはCDMAとGSMを併用しています。VerizonとSprintはCDMA方式なので日本でも使用可能です。AT&TとT-mobileはGSM方式なので、CDMAに対応していないiPhoneが売られています。(日本での通話は3G回線を利用するため、3Gが対応していれば使えます。)また、なぜiPhoneでないとだめなのかといえば、アメリカと日本では電波の周波数が全く異なるため、安いスマホでは日本の周波数が拾えないためです。(このあたりは後述します。)なお、法律上の話になりますが、現状、日本の法律では、海外で販売される、技適マークのついていない電波を発する装置は日本で用いてはいけないことになっています。しかし、アメリカのFCC認証やヨーロッパのCE認証があれば、仕様してもいいように法律が2015年に変更になったそうです。ただ、この場合もWi-FiとBluetoothは90日間だけだそうで・・・。一応、注意してください。


 ①-3の人は、T-mobileがいいでしょう。Binge Onというプログラムがあって、3GB以上のデータ通信付きプランの契約をすると自動で付帯します。念のため対象となるサーバーを確認してください。YoutubeやHuluなどはもちろん対象となっています。


②日本の携帯電話を使う


 この場合はソフトバンクのアメリカ放題一択でしょう。アメリカ国内通話無料、日本への国際通話無料、着信料無料です。データ通信制限もなく、インターネット使い放題です。デメリットはiPhoneでしか不可能であること、アメリカのネットワークがSprintとなり、郊外で弱いこと、アメリカの人から電話をしてもらうときは、相手が日本への国際通話となることです。しかし、Whistle Phoneなどのアプリでアメリカの電話番号を取得すれば問題ありません。


 日本の携帯電話を維持しながらアメリカでも携帯電話を持つ場合に、価格的には一番お得な方法だと思います。


③日本で購入したスマホでアメリカの通信会社と契約する


 アメリカに到着してすぐに使えるので、この方法を考えている人は多いと思います。①でも述べましたが注意点がいくつかあります。日本とアメリカでは携帯電話電波の周波数が全く異なるので、双方の国の電波を拾える携帯でないと使えません。(特にLTE。)


 最近は世界対応スマホも増えていますが、あくまで電波帯が一部重複する携帯のことを指しているにすぎません。例えばドコモのGalaxy S7 EdgeはAT&TのLTE電波がぎりぎり拾えるかどうかといったところです。(詳しい話は別の回で。)


 各国の電波が拾える仕様になっているのがiPhoneです。国内で購入したiPhoneであれば、まず確実に拾えると思います。私はiPhone SE (A1723)をAT&Tのネットワークに繋げています。何ら問題ありません。アンドロイドではNexusシリーズがいいでしょう。


 空港などにSIMの販売機がありますし、日本で出発前にアメリカのSIMを取り寄せておくことも可能です。


 なお、アメリカで使う場合は必ずSIMロックを解除しておいてください。(auの子会社であるH2Oモバイルを利用するときはau版iPhoneに限りSIMロック解除不要です。私自身で確認済。)また、以上の話は動作を保証するものではありません。最終的には自己判断でお願いします。



↓航空券の検索・購入はこちら。諸費用込の値段で比較可能。海外発も

↓ホテル検索・予約はこちら。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
携帯電話 ブログトップ